ハイヤーによる外国人へのおもてなし

グローバル化の時代といわれる現代では、以前とは違って国と国の垣根を越えた付き合いはそれほど珍しいものではなくなってきています。これは飛行機を利用して海外へ観光旅行をするといった目的だけではなく、ビジネスにおける商談、大学などの機関での研究上の提携など、さまざまな分野に広がっています。そのため、日本から海外に出向くことだけではなく、場合によっては海外から大切なゲストを迎える機会も多くあります。

たとえビジネスが主な目的であったとしても、はるばる海を越えてやってきたゲストに対するおもてなしは、招いた側としては当然ながら考えておかなければなりません。これはある意味で言えば外交上の礼儀の問題でもありますので、真心をもって対応することが重要となってきます。海外からのゲストのおもてなしに有効な事柄はいくつか挙げられますが、その中でも空港からの送迎や、ちょっとした観光スポットめぐりなどは外せないはずです。

ゲストとごく親しい間柄であれば、社用車やマイカーでの出迎えは当然あり得ますが、せっかくの機会にふさわしい演出をしたいと考えるなら、高級感あふれるハイヤーを貸し切るのもひとつの方法に挙げられるでしょう。ハイヤーは、しばしばタクシーと混同されることがありますが、タクシーとは違って不特定多数を前提とする単なる移動手段ではなく、ドライバーと車両を両方とも、専属で貸し切るスタイルであるのが一般的です。その違いから、利用方法にも違いが見られ、車種を比較してみてもグレードがワンランク上になっています。

空港の到着ゲートでは氏名を記したボードを掲げている人を見かけることが多いですが、ハイヤーの場合も、ドライバーがそこまで徹底してゲストの出迎えをしてくれるのが通例となっています。タクシーは自ら呼び止めるかタクシー待ちの列に並んだりする必要がありますが、完全貸し切り制のハイヤーであればその必要がありません。

また、ハイヤーの特色として、ドライバー自身が多才な場合が多いのも注目したい点です。たとえば英語だけでなく複数の国の言葉を習得していて会話ができたり、地域の観光スポットに精通していたりします。外国からの来客の際は、観光案内も一緒にお願いすれば、ドライバーがその国の言葉で説明をしてくれます。海外からのゲストのおもてなしに注力したいのであれば、このような特徴的なサービスを扱っているハイヤーを借りて送迎を依頼するべきでしょう。